すこやかな毎日を応援します。株式会社Challenge Of Soul(チャレンジオブソウル)

最近の住宅は昔の建築方法と異なり、住宅内の密封性がかなり上がっています。そのため、畳に湿気がたまりやすくカビが発生してしまうケースが多く見受けられます。特に本畳(藁畳)をご使用の方は湿気対策が必要です。「和室を寝室にしているからイヤシロチ化したい」「カビ・ダニを何とかしたい」という方は、ぜひお試しください。和室全体をイヤシロチ化するには『FUFパウダー』を床・壁・天井にバインダー剤(水溶性シーラー剤等)を使って下地の板材やコンクリート、石膏ボードなどに塗布するのが最も効率的です。『FUFパウダー』は表面積が広ければ広いほど、活性化しやすく月日とともに進行していきます。
※詳しくはこちらをご覧ください。
でもこの作業をするには、新築やりフォームのときにしかできませんね。でもご安心ください。現状でもイヤシロチ化できる方法がありますので、ご紹介いたします。

和室のイヤシロチ化

『すこやか 大』を四隅に置いて、イヤシロチ化します。『すこやか 大』よりマイナスイオンが放出され、お部屋がさわやかな空間に。お部屋の四隅に家具などがありましたら、その上、下、中に置いていただいても働きに変わりはありません。生活動線の邪魔にならないところに置いてください。

和室を大がかりな施工なしで活性化

和室の場合は、『FUFパウダー』をお部屋全体に撒布します。賃貸物件の場合でもこの方法ですと引っ越しをするときに回収することができますので、オススメです。9割以上の『FUFパウダー』を回収できますので、以下の方法で活性化してください。

方法:
① 畳を全て上げます。
② その後、新聞紙を敷きつめます。重なり箇所を多くし、床材が見えなくなるように設置してください。
③ その上に部屋の端から必要含有量の『FUFパウダー』を撒布します。必要量の目安は以下をご覧ください。なるべく均等になるように撒布してください。
④ さらにその上に新聞紙を敷き詰めます。これにより畳の間から『FUFパウダー』が上がってこないようにします。先ほど同様新聞紙の重なりを多くし、敷き詰めます。
⑤ あとは畳を戻すだけです。

畳の中に胞子菌が入っていた場合、翌日から数週間の間に畳からカビが発生してきます。胞子菌がなくなるまでカビが発生しますが、なくなれば発生しなくなります。出てきたカビは乾いた雑巾で取り除くようにしてください。

必要量:1.6kg/6畳間 2.2kg/8畳間 2.8kg/10畳間 3.3kg/12畳間

プランニングやお見積りは無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ